EDに悩まされる男性

EDになってしまった自分ですが、バイアグラという名前のED治療薬を主に色々と試してみました。それを備忘録にしつつ、自分と同じ悩みを抱えている方の役に立てばと思いまとめておきます。EDを克服しましょう!

ED治療薬バイアグラの画像

バイアグラとタダリスはどちらが即効性があるか

バイアグラは世界で初めてED治療薬として製品化された薬で、世界中にもよく知られ知名度もありメジャーなため多くの人にも親しまれています。有効成分がシルデナフィルクエン酸塩を用いており、見た目も青い菱形の独特の形状をしているのが特徴的です。
その使用方法としては、性行為の一時間前に服用して空腹時なら30分程度の時間で作用するため、比較的に短時間で効果が出てくる即効性に優れています。ただ食事と併用した場合、その効果が半減することもあり、即効性にも難が生じるケースも多いため、食事をしてから消化されるまでの約2時間後に服用するのがタイミングとしても適しています。
作用時間も約5時間継続して作用し続け、錠剤としては25mgと50mgの二つのタイプの量が存在します。一方、タダリスはバイアグラと並ぶメジャーなED治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品で、タダラフィルという有効成分を含んでいます。
ジェネリック医薬品のため、価格的にも抑えられており、購入しやすい魅力があります。黄色の楕円形の形状をしており、5mg、10mg、20mgと量が存在します。
タダリスはタダラフィルという有効成分が含まれており、それが体内の勃起を抑制する酵素の働きを阻害させることで勃起状態を維持させる形になります。このように含まれている有効成分自体に違いがありますが、その成分の効果を引き出す原理は一緒で共に勃起を抑制する酵素の働きを阻害する作用が存在します。
しかし服用のタイミングはタダリスは、性行為の約3時間前に行う必要があり、徐々にその効果を発揮させて自然な勃起状態にしていきます。つまり前もって服用しておくことで効果を発揮させることができる薬となります。
従って即効性の観点からバイアグラとタダリスを比較すると、バイアグラの方が短時間で効果が現れることとなるので、短時間で効果が発揮されることを狙う上では優れたED治療薬となります。性行為までの時間がない場合には、バイアグラを服用して短時間で効果を狙う方法が最も適切となります。
なお短時間で効果が期待できる反面、顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸などの副作用が発生する確率も増します。タダリスの方が長時間かけて、じわじわと効果をもたらすこととなるため、副作用が少なくなるメリットがあります。
また食事の影響を受けるので空腹時に摂取を行う方が望ましいですが、効果が半減するほどの影響を受けないとされるため、それほど神経質になる必要もないです。