EDに悩まされる男性

EDになってしまった自分ですが、バイアグラという名前のED治療薬を主に色々と試してみました。それを備忘録にしつつ、自分と同じ悩みを抱えている方の役に立てばと思いまとめておきます。EDを克服しましょう!

ED治療薬バイアグラの画像

バイアグラの副作用と妊娠との関係

バイアグラをED治療薬として服用している人にとって、子づくりに影響が出るのか不安な人もいるかもしれません。
バイアグラを使って性行為をし、妊娠をした場合、胎児にどのような影響があるのでしょうか。
ED治療薬であるバイアグラは、血管を拡張して勃起を起こす薬です。EDは、性器に十分な血液量を送り込むことができないことで、勃起不全となりますが、血管を拡張することで、勃起に必要な血液を送り込むことができるため、一時的に機能を回復させることができます。
この働きが、精子に与える影響はありませんから、子づくりに使用しても妊娠には何の影響もありません。
ただ、ED治療薬を使用した際は、副作用として頭痛や動悸を引き起こすこともあります。
特に、心臓疾患を持っている人が服用すると、悪影響を及ぼす危険性がありますから、心臓に病気を持っている人の服用はできません。

バイアグラは、ED治療の効果がある世界的にも有名な医薬品です。
ED治療薬として世界で初めて製品化され、アメリカで発売されました。
アメリカでの発売当初には、男性にとって夢の薬の登場とだけあり、かなりの話題となり日本国内でも広がりました。
販売開始から現在に至るまでEDに悩む多くの男性の心の支えとなっています。
もともと、狭心症の治療薬として開発がすすめられていましたが、なかなか大きな成果が得られないため、第一相臨床試験で、試験の中止を決定しましたが、治験者たちが返却をしたがらないため、詳しく理由を調査してみると、勃起を補助する作用があるためだと判明し、こうして、偶然勃起不全を改善する効果があることが発見され、ED治療薬として販売されることになりました。
そんなバイアグラも薬なので、副作用のリスクも伴います。
副作用としてもっとも多く報告されているのが、めまいや顔の火照り、頭痛などです。これは服用することで急激に血行がよくなり、血圧が低下するため、めまいがおこり、血の巡りをよくするために、頭部の血管が拡張したことで起こる症状です。
また、鼻何幕の充血によって鼻づまりや鼻血、消化管の充血によって胃痛が起こることもあります。
そのほかにも、血液を全身に送り出す心臓にも大きな負担がかかるため、動悸や胸痛などの症状が起こる場合もあります。
これらの症状は、服用するほとんどの人に起こりますが、一時的な症状なのでそれほど心配はいりませんが、心臓に持病を持っている人や、体の健康状態によっては、深刻な事態を引き起こす場合もあるので、服用をする際には、十分注意する必要があります。