EDに悩まされる男性

EDになってしまった自分ですが、バイアグラという名前のED治療薬を主に色々と試してみました。それを備忘録にしつつ、自分と同じ悩みを抱えている方の役に立てばと思いまとめておきます。EDを克服しましょう!

ED治療薬バイアグラの画像

バイアグラは血管に作用して精力増進させる

ED治療薬のバイアグラは服用する事で精力増進させて円滑な性行為を行うのに役立ちます。
服用する事で血管にも影響があるのですが、それがどうしてEDの改善に役立つのか、薬の作用の仕方を説明します。
まず、男性の身体は勃起をする際には性的な刺激を必要とします。
その際には一酸化窒素が放出されて、それによって海綿体内でcGMPと呼ばれる物質が増加します。
このcGMPが海綿体平滑筋を弛緩させる作用があり、それによって海綿体の血管が拡張されるのです。
そうする事によって海綿体内に流れる血流が増え、それが静脈を圧迫する事で流れをせき止め勃起状態を維持するようになっています。
ただ、勃起状態はずっと続いてしまうのは色々と不便な面がありますし、実際ずっと勃起状態は維持され続ける訳では無くて時間が経てば次第に元の状態に戻っていきます。
それはどうしてなのかというと、PDE5と呼ばれている酵素がcGMPを分解しているからです。
cGMPが多ければ状態を維持し、少なくなると元に戻り、そのバランスの調整にはPDE5も関わっているのです。
そしてバイアグラはPDE5を邪魔する作用がありますので、言い換えれば生成されたcGMPを維持する手助けをして勃起状態を持続しやすくしてくれるのです。
バイアグラは勃起のメカニズムの説明からも分かるように血管に作用するために硝酸剤と併用する事は出来ないようになっています。
もしも硝酸剤と併用してしまうと硝酸剤も血管を拡張する作用があるので過度な血圧降下を引き起こす可能性があるのです。
過度に血圧を下げてしまうと命の危険が生じる場合もあり、だからこそ硝酸剤との併用は禁忌となっています。
また、服用する前に食事をすると食事の影響を受けるので注意が必要です。
バイアグラは経口摂取したらすぐに説明したような作用が生じるという訳では無く、腸から吸収されて体内に取り込まなくては効果が現れないです。
その際に食事をしてすぐの状態だと食事の中に含まれている脂が吸収を阻害してしまい、薬の効果が著しく低下してしまう可能性があるのです。
食事の薬への影響は、食事量や内容にもよりますが数時間影響を与えるので気をつけた方が良いです。
薬の効果を落とす原因としては他にも飲酒もあるので飲酒も控えめにしておくべきです。
少量の飲酒はリラックスさせて緊張をほぐす効果があるので性行為にもプラスに働く可能性はありますが、飲み過ぎると神経伝達を鈍らせてしまって勃起しにくい状態となってしまうからです。
バイアグラを服用する場合はこうした事には注意が必要です。