EDに悩まされる男性

EDになってしまった自分ですが、バイアグラという名前のED治療薬を主に色々と試してみました。それを備忘録にしつつ、自分と同じ悩みを抱えている方の役に立てばと思いまとめておきます。EDを克服しましょう!

ED治療薬バイアグラの画像

バイアグラ使った最新治療では血管拡張作用で勃起維持

世界で初めてのED治療薬であるバイアグラが登場し、医薬品を使った最新のED治療が受けられるようになっています。バイアグラには、有効成分としてクエン酸シルデナフィルが配合されています。クエン酸シルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬、つまりPDE5型酵素の働きを邪魔する働きを持つ薬です。
クエン酸シルデナフィルのED治療効果について知るには、まずは男性の勃起現象について知る必要があります。男性が性的に刺激を受けて興奮すると、体内に一酸化窒素が放出されます。すると、性器の細胞の中に血管拡張物質が大量に生成されます。その結果陰茎内の動脈血管が拡張して大量の血液が流れ込み、勃起が起こります。
PDE5型酵素は、勃起の維持に不可欠な血管拡張物質を壊す酵素です。PDE5型酵素阻害薬のクエン酸シルデナフィルを含有するバイアグラは、PDE型酵素が血管拡張物質を破壊するのを邪魔して血管の拡張維持と勃起現象の継続を助けることでEDの症状を改善する薬です。
ここで、クエン酸シルデナフィルは医薬品であって媚薬や性力剤の類とは根本的に異なるものです。よって薬を服用してその効果が持続している間中ずっと性的な刺激や興奮と無関係に勃起が維持されるものではありません。あくまで、男性が性的に刺激を受けて一酸化窒素が放出され、それが誘因となって大量の血管拡張物質が生成された時にPDE5型酵素の働きをシャットアウトすることで血管拡張物質の減少を防いで、血管拡張と勃起を維持するのが効能です。
また、どんな薬にも言えることとして、医薬品として使用する以上は副作用症状や使用上の禁忌事項について正しく理解しておく必要があります。バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルには血管拡張作用があるので、顔面の紅潮や熱感、ほてりなどの副作用症状が多くの使用者の方に見られます。また血管の拡張作用により血圧低下の可能性があるため、高血圧の治療目的で降圧剤を使用している方がバイアグラを使用すると双方の薬の効果で血圧の急低下が起こり得ますので併用は禁忌です。また降圧剤の他にも、血管拡張作用により狭心症など心疾患を治療するニトログリセリンに代表される硝酸剤系の医薬品との併用で生命に危険が及ぶほどの血圧の大幅かつ急な低下が起こり得ますので、併用は厳禁です。
ED治療を専門に行うクリニックでPDE5型酵素阻害薬であるED治療薬を使った最新の治療を受けるにあたっては、効果・効能や副作用、禁忌について医師の指導を受けてよく理解し、既往歴や使用中の薬について正確に申告することが最重要です。