EDに悩まされる男性

EDになってしまった自分ですが、バイアグラという名前のED治療薬を主に色々と試してみました。それを備忘録にしつつ、自分と同じ悩みを抱えている方の役に立てばと思いまとめておきます。EDを克服しましょう!

ED治療薬バイアグラの画像

1999年に認可されたバイアグラとリングによる治療

バイアグラとは、勃起不全治療に効果があるとして、世界的にも有名な医薬品です。
ED治療薬として、世界で初めて製品化され、男性によって夢の薬として日本国内でも話題となり、瞬く間に広がっていきました。
ただ、アメリカで発売が開始されると爆発的人気で飛ぶようにうれましたが、副作用や死亡事故なども発生したため、日本では、安全性を確保するという意味合いもあり、1999年に処方箋医薬品として認可されました。
バイアグラの誕生は偶然の産物で、元々狭心症の治療薬の開発としてシルデナフィルという成分を用いてすすめられていました。しかしなかなか大きな成果が得られないため、治験を中止することになりましたが、治験薬の返却をしたがらない人が多く、理由を調査してみると、勃起を補助する作用があるためだということが判明し、シルデナフィルに勃起不全を改善する効果があることが、偶然発見され、人類史上初のED治療薬が誕生することになりました。
人間の体内には、常に勃起をした状態では不都合なため、勃起を抑制する酵素が存在します。しかし、この酵素が優勢なままだと、勃起不全になってしまいます。バイアグラは、勃起抑制酵素の働きを妨げることで、勃起を促進し、性的興奮を脳が感じて陰茎に指令をださない限り、勃起には至りません。
そのため、バイアグラを飲んだからといって、性的興奮を脳が感じない限り、勃起したままにはなりません。
また、精力剤や媚薬のようなものとは異なり、性的な興奮を増大させるような働きはなく、あくまで、血流を改善して勃起を促進するためのものといえます。
ED患者の中には、自力で勃起することはできるけど、持続せず挿入する段階で萎えてしまうという人もいます。こうした人の場合には、勃起補助リングを用いた治療法が有効です。
コックリングは、勃起をしたらすぐにペニスの根本に装着して使用し、陰茎海綿体に大量の血液が流入して、ペニスが膨張した状態を維持します。
ただ、この方法は、無理に血流を止めているため、30分以内の服用と制限されています。
ペニスの根本を圧迫することで、尿道海綿体も圧迫されることになるので、人によっては射精しにくいこともあるので、使用方法には注意が必要です。
また、ED患者の中には、バイアグラなどの薬が効かなかったり、病気が体質によって薬が飲めないという人もいます。
そういう場合には、リングが有効です。
コックリングはゴムやシリコンでできたもので、勃起した陰茎の根本にはめて締め付けることで、勃起状態を維持することができます。